紡ぐ人たち

会社の伝統を、紡いでいく

工事部 Y.T.(2019年入社)
工事部 F.D.(2019年入社)

手厚い研修や先輩のサポートで伝統を継承し
頼りになる施工管理として成長したい(F.D.)

私は設計の仕事を目指していましたが、就活で何社かインターンシップを経験し、建物が少しずつできていく現場の作業がおもしろそうと感じて、施工管理に興味が湧きました。金山工務店の会社説明会に参加した時に、現場の見学もできたのですが、社員と職人さんの距離が近く、すごく良いコミュニケーションができていると感じて。社員さん同士の雰囲気も和やかだったので、「ここで働きたい」と入社を決意しました。
研修や現場で実感したのは、施工管理の仕事は私が学生の頃に思っていた以上にたくさんのことを管理していることでした。ですが、きめ細かな研修があったので、現場でも理解が早くできたように思います。現場に配属後も1年目は毎週本社で研修があり、CADで施工図の作成を練習したり、現場の報告会を行っています。報告会では同期それぞれの現場によって工事の進捗や工程、材料、仕上げ、お客様のご要望など細かく違うので、とてもよい刺激を受けていますし、同期同士の絆を育めています。
現場では先輩に教えてもらいながら、少しずつ仕事を覚えていきました。先輩は職人さんから施工について質問があると、すぐに答えているので、私もいつかそんな風になれるように頑張りたいです。毎日メモをとって図面を確認し、工事の工程や業者さんをしっかり把握するように心がけています。
最初の頃は業者さんや職人さんが、誰が誰かわからなくて焦ることもしょっちゅうあったのですが、日々職人さんと顔を合わせて連絡事項を伝えていると、ちょっとしたことでも声を掛けてくれるので、現場はとても雰囲気がいいです。このチームワークの良さが良い仕事につながっていると感じます。
今はまだ一つの仕事しか目に入らないことが多いのですが、所長や先輩のように視野を広く全体を見据えた管理を行うことが目標です。そして、職人さんからも後輩からも頼られる存在になれるよう成長したいと思います。

女性が少ない職種ですが働きやすい環境と実感
いつか現場所長として全体を管理したい(Y.T.)

大学で建築・環境デザインを学んでいたのですが、あまり自分に合わないと感じていて、就活では目指す目標が見つからない状態でした。キャリアカウンセラーに相談しながら、自分に向いている仕事が何なのか考え、ものづくりがしたい、デスクワークより体を動かす仕事がしたいことに気づきました。
製造業や建築会社などの見学や面接に参加した中で、金山工務店では「女性の施工管理が働きやすい環境を作っていきたい」というお話を聞いて、「私もやってみたい」と入社しました。
女性の同期がもう一人いるというのも心強かったです。実際に現場に出た時も近い現場に配属になり、事務所が同じだったので、朝と終業後に顔を合わせられるのでお互いに仕事の進捗など話しやすく、働きやすい環境を作っていただいていると思います。
現場では、安全管理や配筋などの写真撮影、日報などの書類作成、材料発注、現場での雑作業などを行っています。先輩によって指導方法は違いますが、まずは任せてもらうことが多いです。材料発注を任された時に2フロアずつしていたのですが、階によって形状が変わる材料があったことに気づかず、1フロア分形が違うものを発注していたことがわかり、急いで手配しなおしたことも。先輩からは図面のどこをチェックしないといけないかを教わり、それからは絶対に忘れず確認するようになりました。とにかく、いろんな経験をさせてもらいながら技術を体で覚えていく感じです。私は人見知りなところがあるので少し不安もあったのですが、上司や先輩、職人さんはとても気さくで優しい方が多いので、次第に馴染めるようになりました。
初めての現場は最上階のコンクリートを打ち終わったところで、あと数カ月で竣工するのがすごく楽しみです。私はまだ指示されたことをこなすことに精一杯ですが、もっと経験を重ねていずれは現場所長として全体を指揮できるようになりたいと思っています。

学生さんへのメッセージ

何事にも積極的に取り組む人が多く
社員同士の距離も近くて風通しがよい社風です

インターンシップや現場見学などいろんな会社を見ることが大事だと思います。社内の雰囲気を実際に感じることで自分に合うかどうか気づくことができると思います。金山工務店は何事にも積極的に取り組み、仕事を楽しんでいる方が多いので、いろいろ経験して成長したいという人に向いていると思います。若手の親睦会があり、部門間での交流も盛んなので、とても仲がいい会社だと思います(F.D.)

就活するときは今まで勉強してきたことや興味があることにしか目が向かないかもしれませんが、コミュニケーションをとることが得意とか、体力に自信があるとか、自分の特性も考えて視野を広げ、まったく知らない業界に目を向けてみるのもいいと思います。私もそんな感じで向き不向きはわかりませんでしたが、今は会社の上司や先輩、同期、協力会社や職人さんなど周りに助けられながら、充実して働いています(Y.T.)

エントリー